Skip to content

アメリカだって鍋

11

昨年かな、衝動買いで買った鍋にコンロ。

登場させて鍋やりました。

昨夜は今シーズン初の雪が降ったので、そんな夜には鍋だよね、という勝手な言い訳(笑)。

08

鍋、何入れてもいいのですが、どうしても欠かせないのは、白菜でしょう。

で、スーパーで一つ買ったら、8ドル(約800円)。

テリー、その値段は間違いに違いない、キャベツがそんなに高いわけがない、と。

レジのお兄さんおどおど。

いえ、1ポンド(約450g)1.99ドル(約200円)、重さは4ポンドあるので、8ドルです、という説明。

1ポンドあたり1.99ドルっていうのはそんなに高いと思わないけれど、確かにキャベツ一個が8ドルって高いって気になりますよね~。

日本に比べるとどうなんでしょ。

いえいえ、どっしり重~い白菜でした。

11

近所の普通のスーパー(ちょっとだけ高級感あるかな)で、干しシイタケと昆布を発見。

だし用にゲット。

もう最近はなんでも売ってるのね~。

10

それにしても鍋の用意って簡単ですね~。

切って並べるだけだもんね。

12

鍋に入れたところ。

今回は風味付けにちょっぴりごま油をたらしました。

14

ふたをして待ちます。

15

今回入れたのは、白菜、鱈、にんじん、小ねぎ、豆腐、春雨。

美味しくできました~。

久しぶりに二人でダイニングテーブルに座って(しかも向き合って!)ご飯を食べました。

いつもはついついソファで、とか、キッチンアイランドで、とちょこっとお行儀悪いのですが、久々にテーブルでのんびり会話をしながら食べるご飯も悪くないなあ、と。

インスタグラムもやってます。よかったらチェックしてみてくださいね。

↓ボタン押していただけるとランキングが上がって励みになります。Thank you!!

Be Sociable, Share!

One Comment

  1. marin wrote:

    アメリカのテーブルとは思えない和の風景。
    差し向かいで鍋をつつく、なんてまさに日本の冬! いや、ミネソタの冬なのか……。

    白菜も干しシイタケも昆布も、割と簡単に手に入るとは、びっくりです。

    切って並べるだけと言いつつ、ニンジンがしっかり飾り切りされてるところがすごい。
    見倣います。

    Reiko Reply:

    しっかり和な風景でしたね~。
    そうなんですよ、最近はほんとなんでも簡単に手に入るようになって助かります。
    人参のこの飾り切り、これ、やり方を知ってからお気に入りなんです~。

    日曜日, 11月 20, 2016 at 9:15 pm | Permalink
Ads: exchange 2007 spam filter, spam protection