Skip to content

湖畔バケーション

49

お隣のウィスコンシン州のドア・カウンティ(ドア郡)は、五大湖の一つミシガン湖に突き出る半島なのですが、

夏のバケーションに人気なのです。

聞いたことはあっていつか行きたいと思っていたのが、今回たまたま機会があって、長い週末をとって訪れることができました。

42

泊まったのは湖畔のホテル。

二階の私たちの部屋のベランダからの景色です。

48

50

毎朝朝食の後には、湖まで散歩をしました。

28

なんちゃってヨガもやったりして(笑)。

33

滞在中にフェリーに乗って、ワシントン島という小さい島にも行ってきました。

でも、実はあるものと一緒にフェリーに乗ったのです。

34

そうなんです、これ、セグウェイのツアーの一部。

セグウェイとは、電動立ち乗り二輪車。

ずっと試してみたいと思っていたのですが、今回初挑戦。

始めは少しどきどきですが、15分ほどすると、もう自分の身体の一部みたいに、自然に動かすことができるようになりました。

もうすっごく楽しくって、どうしてもっと早く体験しなかったのか、と思ったぐらい。

35

セグウェイでワシントン島を散策。

ランチはこんなビーチにて。

37

36

ラベンダー畑も行きました。

お店で売ってたアイスクリーム、テリーすかさず、ラベンダーアイスクリームとチェリーアイスクリームをゲット。

チェリー(さくらんぼ)は、ドア・カウンティの名物。

チェリーパイ、チェリーワイン、チェリーレモネード、チェリーソーセージ、などなど、何にでもチェリーが入ってます(笑)。

41

私たちが泊まったホテルは、シスター・ベイという街だったのですが、ここはかなりこじんまりしてます。

メインストリートには、レストラン、バー、お店がちょこちょこ、とある感じ。

で、有名なのは、このレストラン。

本物の山羊が、屋根の上で放牧状態(笑)。

44

そして、こちらは、フィッシュ・クリークという街。

数日訪れました。

こちらは、素敵なお店が勢ぞろい。

セレクトショップの品揃えがなかなかいい感じで、普段は旅行中にはほとんど買い物をしない私たちもちょこちょことショッピングを楽しみました。

42

43

ドア・カウンティ、残念だったのは、レストランの味クオリティがイマイチだったこと。

というわけで、食べ物の写真はこれだけ。

こちらのドーナツは、自分でアイシングとトッピングを選べる、というもの。

普通に美味しかったです。

45

46

これはテリーがフィッシュ・クリークにあったお店で買ってくれたもの。

テリーも私も香りとパッケージの品(ひん)・趣味の良さに惹かれました。

香水ってなかなか、コレ、というものを見つけるのがムズカシイので、衝動買いでした。

この香りを嗅ぐたびにこのバケーションを思い出しますね~。

あっ、ちなみに、今回ジップラインもやりましたよ~。

インスタグラムもやってます。よかったらチェックしてみてくださいね。

↓ボタン押していただけるとランキングが上がって励みになります。Thank you!!

Be Sociable, Share!
Ads: exchange 2007 spam filter, spam protection